防災情報

一段と寒さが増すこの季節、

乾燥しやすい時期に心配なのが火災です。

ガスや暖房器具類の使用が増え、家を出るときに「あっ、消し忘れた!」とヒヤッとする方も多いのではないでしょうか?
今回は、冬場だからこそ注意したい火災の基礎知識と、家庭にある“あんなもの・こんなもの”が火元になってしまう「通電火災」についてご紹介します。ご家庭の家具の配置などを見直す参考にもなるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 
 
 
 
 
 

1年で火災が多いのは、やっぱり“冬”

3-2東京消防庁の調査によると、平成26年中の都内での火災発生件数は4,805件で、1ヶ月に平均約400件の火災が発生しています。とくに、12月に408件、1月には528件発生しており、冬場は年間平均よりも火災件数が増える傾向にあります。
また、最近10年間の死者が発生した火災原因では、1位が「たばこ」、2・3位が「ガスコンロ類とストーブ類」という調査結果が出ています。さらに、死亡者を性別・年齢別で見ると男性の高齢者の割合が最も高くなっています。
なんだか…、一人暮らしされているご家族のことが心配になってきますよね。
ただ、近年では家庭向けの火災警報器の設置が進み、全体的な火災件数は減少しているそうです。 まさに、“備えあれば憂いなし”!
日頃の取り組みの大切さを実感します。
しかしながら、近年の地震被害で注目を集めている「通電火災」への対策を行っているご家庭はまだまだ少ないようです。
ここからは、意外なものが火元になってしまう、通電火災についてご説明しますね。

 
 
 

通電火災の原因と対策方法

通電火災とは、地震などによる停電から復旧し、‟再通電”したときに、電気ストーブやヘアドライヤーなどの熱源から広まる火災のことで、阪神大震災では木造家屋を中心に多くの被害を生みました…。

通電火災の原因となるものには、
●こたつ
●白熱電球スタンド
●電子レンジ・オーブントースター
●タコ足配線
●観賞魚用ヒーター

など、発熱する電化製品のほかに、配線がむき出しになった“傷ついた電気コード”など意外なものが火元となるようです。 熱を発生する暖房器具や電化製品は、ガスに比べて安全なイメージがあるためか、子ども部屋にも置いてあることや、私物をオフィスに持ち込んで使っていることも多いですよね。

だからこそ、現在では「地震が起きたらブレーカーを落として避難!」、これが鉄則となっています。 リンテック21が開発した「感震ブレーカーアダプター ヤモリ」も、取付工事が不要でコストもあまりかからないため、ご家庭向けの通電火災対策として広く認知されています。

 
 
 

家具の配置を考えることも、通電火災の対策に

Floor_Plan_2483

通電火災で気をつけたいのは、ブレーカーを落とすことだとお伝えしましたが、実は家具の配置も重要です。
通電火災では、熱源となる電化製品のそばに、”カーテン“や”古紙・雑誌“など火が燃え移りやすいものがあると非常に危険です。

例えば、
「電気ストーブが倒れる」
 ↓
「再通電」
 ↓
「近くの布団に引火」

という具合に、火が簡単に広がります。
そのため、以下の3点に気をつけながら家具の配置を考えみてください。

1.暖房器具のそばに火が燃え移るものを置かない

暖房器具のそばに「カーテン」や「洗濯物」、「本・書類」などがあると、簡単に火が燃え移り、広範囲が焼けてしまいます。

2.電化製品の近くに水気のあるものを置かない

「花瓶」や「水槽」、「アロマポット」などの水分がコンセント部分にかかると、そこから発火する可能性があります。

3.照明器具は布団やベッドから離す

白熱電球が倒れ布団類に触れることでも火災は発生します。寝タバコと同じく、意識がないときに起きることもあるので注意が必要です。

以上のことを意識しながら、ご家庭の家具の配置を見直してみてくださいね。
通電火災は、避難後の誰もいない屋内で発生することも多く、発見まで時間がかかることもあります。人命や家財を守る意味でも、冬場には普段よりしっかりと火災対策したいものですね。

 
 
 
 

感震ブレーカーアダプター YAMORIとは?

side_bnr_top「感震ブレーカーアダプター YAMORI(ヤモリ)」は、震度5強以上の地震を感知すると自動でブレーカーのスイッチをオフにします。ほとんどの分電盤に使用でき、接着固定タイプで取付工事も不要、ばねを利用し電池も使いません。家庭でも簡単に導入できる通電火災の対策製品で、性能の高さから「感震ブレーカー等簡易タイプ」として内閣府にも認められています。

商品名:感震ブレーカーアダプター YAMORI
品番:GV-SB1
製造販売元:株式会社リンテック21
URL:http://lintec21.com/yamori/#section-01